おすすめの火災保険の選び方

スポンサードリンク


マンションや家が火事になったときのために加入するのが火災保険です。
しかし、火災保険に加入する時に勧められるまま加入していませんか?

火災保険には沢山の種類があり、特約などをしっかりと見てから加入する必要があります。
特に、地震の多い地域では地震保険特約を付加しなければ、地震による家の倒壊についても保険金はもらえません。(地震火災費用と記載され、保険で保障されるケースもあります。)

しかし、ここで注意したいのは地震保険は火災保険の50%までの加入制限があります。
いざという時のための保険であるのに、いざという時に保障してもらえないのでは意味がありません。
保障がしっかりしているかどうかをきちんと見て選ぶことが大切です。

火災保険火災保険火災保険火災保険火災保険

火災保険の保険対象

保険金支払いの対象となるものを保険の対象というのですが、個人が加入する火災保険においての保険対象は大まかに「家(建物)」と「家財(家具など)」となります。
もっと詳しく見る

火災保険と地震保険

火災保険に加入したら、自動的に地震にも対応してくれる、というのは間違いです。ほとんどの保険会社では火災保険と地震保険は別物として加入を促しています。
もっと詳しく見る

火災保険料の相場

火災保険料の相場というのはどのぐらいなのかと気になる人も多いと思います。ですが、火災保険料はいくらです、とここで書くことは出来ません。それぞれの家の作り、使われている資材、建築方法、年数などでも左右されるのが火災保険料だからです。
もっと詳しく見る

各種割引について

火災保険の保険料割引という言葉を聞いたことがありますか?割引といっても保険内容、各保険会社によっても違いがあります。例えば、住宅金融支援機構利用者が加入することが出来る特約火災保険では通常の40%から50%保険料が割り引かれています。
もっと詳しく見る

おすすめサイト
◆消費者金融の審査基準を把握して審査を通す!消費者金融比較ナビ
http://xn--u9jxfxa1ju31vzepe2i3i1b1fo2gmitn.com/